素敵な庭にしよう|剪定は植木屋に依頼しよう!【植物のある暮らしを楽しむ】

スッキリとした庭へ【植木屋の剪定で庭が生まれ変わる】

素敵な庭にしよう

庭

庭の外観を改善したいと考えている方へ

東京や大阪でも、繁華街の中心部から少し離れた場所には庭付き一戸建てが存在しています。昔ながらの日本家屋もまだたくさん残っていますし、そうした家なら庭の手入れはほぼ必須事項となるはずです。日本家屋は植木とともにデザインがされているので、植木の手入れを無視して外観を整えることはほぼ不可能です。庭の外観を改善したいと考えているなら、これはもうプロの植木屋さんを呼んで適切にカットしてもらうしかないでしょう。自分でカットをしても不細工になってしまうだけでいいことはありません。適切な処理の仕方はプロでないと分からないものですから、まずは植木屋さんに相談をしてみるのが間違いのない方法となります。

自分で手入れするより業者に頼んだ方がいい理由

自分で手入れをすると、まず無駄に時間がかかってしまいます。プロのように迅速に作業ができませんから、下手をすると何週間も作業に時間を取られてしまうこととなるでしょう。プロなら、一日で作業を済ませてくれるケースがほとんどです。無駄な時間を注ぎ込む必要がまったくない点が、プロに頼んだ方がいい大きな理由の一つになります。また、業者なら切った葉の処理まで適切に行ってくれます。実は切った後の葉は、処理をするのが難しいです。水分を多く含んでいる場合には燃やすこともできませんし、量が多いとゴミに出すのも憚られます。業者に頼むと、すべての葉を持ち帰ってくれるのでスッキリしますね。

植木に適した時期とは

植木の剪定をする時期でベストなのは、冬ですね。冬の間は、木々も休眠をしていることが多いです。その時期に剪定をしておくと、春から夏にかけて木々が生い茂ることを防げます。冬場は作業も楽にできる可能性が高いのがいいですよね。害虫の発生も最小限で済ませられますし、何しろ作業をしても熱中症などにかかってしまう恐れをなくせます。新しく木を植えるのなら、春先がベストだと言われています。三月あたりなら、植木の移植をするのも悪くはないでしょう。この時期に新しく木を植えると、夏場にはすくすくと成長をする姿も見られるはずです。

広告募集中